クレジットカードの違いとは│比較サイトを参考にしよう

計画的に利用しよう

家

金利のタイプ

不動産担保ローンの金利は、固定金利と変動金利に分けることが出来ます。固定金利と変動金利、どちらが得なのかは、金利が確定しているわけではありませんので、どちらが良いのかを判断するのは簡単なことではありません。なお、固定金利はその名の通り、利用開始時に設定されていた金利が完済するまで続くというもので、変動金利とは数年ごとに経済状況などにより金利が見直されるというものです。不動産担保ローンでは金利にタイプにより総返済額に違いがありますので、注意が必要です。不動産担保ローンを利用する時には、利用する金融機関等としっかりと相談し、事業状況や経済状況などを総合的に判断し、決めるということが大切になります。

一般的なローンとの違い

そもそも、不動産担保ローンとはどのようなものなのでしょうか。これは、銀行や消費者金融会社などが提供する不動産を担保とした融資のことです。一般的なキャッシングやカードローンなどとは異なり、不動産の価値に対して融資額が決められるため、高額の借り入れをすることが出来るというメリットがあります。また、担保を提供することにより、低金利で利用することが出来ます。これは、万が一滞納などがあった場合でも、不動産を売却することで債権を回収することが出来ると考えられるためです。不動産担保ローンは複数の借入先を一つにまとめるおまとめローンにも有効です。無理な返済計画を立てなければ、便利なローンであると言うことが出来ます。